歴史観光

昔ながらの土雛 展示中です

博覧館2階の福よせ雛展示。皆様にご好評いただいています。(*^_^*)
お雛様が宴会をしている場所に一緒に飾ってあるのは「土雛」という陶器の人形です。 土雛とは、粘土を焼いて色や模様を付けた土人形で
江戸時代後期に高価な人形の買えない庶民の間で流行したそうです。   おなじみのお内裏様とお雛様に加え、浦島太郎に武蔵坊弁慶、加藤清正などなど
江戸時代に人気のキャラクターたちが人形になっています。

同じ人物でもポーズや服の模様など違いは様々。ぜひじっくり見てみてください!